石油ファンヒーターと除湿機を併用してもいい?

石油ファンヒーターと除湿機を併用してもいい?

冬になるとよく使うのが石油ファンヒーターですね。

石油ファンヒーターは便利ですが、使っていると結露が起きて困ったという
経験がある人もいるかもしれません。

この結露を防ぐため石油ファンヒーターと除湿機を併用してもいいのでしょうか?

ここでは石油ファンヒーターと除湿機について解説していきます。

Advertisement

こちらも読まれています↓↓
>>石油ファンヒーターは5リットルで何時間もつ?

石油ファンヒーターと除湿機を併用していいか解説!

石油ファンヒーターと除湿機を併用

石油ファンヒーターですが、とても便利です。

Advertisement

暖房器具の中でも即効性に優れており、すぐに温まるだけでなく、
安全性も高いので長年使っているという人も多いのではないでしょうか?

まだ石油ファンヒーターの利点には、乾燥をしにくいということがあります。

石油ファンヒーターは灯油を燃焼させて、空気を温めて、
それをファンによって送り出しています。

その過程の中で水が発生をしています。

なので、エアコンなどの暖房器具と比べて空気の乾燥がしません。

冬の空気の乾燥は肌が荒れるだけでなく、
病気を引き起こす恐れもあります。

その点でも石油ファンヒーターは重宝できますね。

しかしそんな石油ファンヒーターの水分なのですが、
逆に結露という点では厄介です。

部屋の空気中の水分が窓で冷やされて、窓に水滴が溜まってしまいます。

この結露を防ぐために石油ファンヒーターと除湿機を併用してもいいのでしょうか?

結論から言えば、石油ファンヒーターと除湿機の併用は効果的です。

冬場は乾燥をしているというイメージのため、
除湿機はあまりイメージしにくいかもしれません。

しかし、石油ファンヒーターに限らず結露対策としては、除湿機は有効です。

そして冬場の除湿機には「デシカント方式」の除湿機が有効になります。

除湿機には大きく分けて2つの種類があります。

一つがコンプレッサー方式で、もう一つがこのデシカント方式になります。

コンプレッサー式は機械内で空気を冷却させて、水蒸気を水分に変えて、
空気を輩出して、除湿を行います。

基本的にこのコンプレッサー式の場合は、夏場に効果を発揮します。

そしてもう一つのデジカント方式ですが、こちらは製品内にある、
乾燥剤に空気中の湿気を吸着させます。

そして内部のヒーターによって乾燥した空気を送り出すことができます。

こちらは軽量コンパクトの除湿機であり、冬場にも効果を発揮します。

ですので、冬用の除湿機としてこのデシカント方式のものをサブでも
持っておくと良いかもしれません。

またエアコンの除湿機能と併用するという手もあります。

石油ファンヒーターと除湿機を併用することによって、厄介な結露を防ぐことができます。

ぜひ試してみてくださいね。

Advertisement

結露が起きると何が困る?

石油ファンヒーターと除湿機を併用

しかし、冬場の結露ですが、実際結露が起きるとどのような点で困るのでしょうか?

続いて結露について解説をしていきます。

・カビが生える

まず、結露が起きて一番困ることとしてはカビが生えることです。

窓に水滴がついて、カーテンについたり、湿気がこもる事で
窓のサッシやカーテンにカビが生えてしまうことがあります。

窓のサッシには室内のホコリやゴミが溜まりやすいので、
湿気とゴミが混ざってカビが生えるだけでなく、
アレルギーなどを引き起こすこともあります。

・サッシが傷む

結露が滴り落ちて、窓のサッシに貯まることで、
サッシが傷んでしまうこともあります。

賃貸の場合は、修繕費がかかる原因にもなりますので注意をしましょう。

このように結露は身近な現象ですが、気をつけないと様々なことを引き起こします。

ですのでしっかり冬で石油ファンヒーターを使う際には、
結露対策が必要になります。

Advertisement

石油ファンヒーターの結露対策を他にも紹介!

石油ファンヒーターと除湿機を併用

石油ファンヒーターと除湿機を併用させる方法は結露対策に有効です。

では、他にも対策方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

では、石油ファンヒーターと除湿機の併用以外の結露対策を紹介します。

・FF式石油ファンヒーターを使う

こちらは灯油を使って燃焼させた空気をそのまま外に排出するタイプの
石油ファンヒーターになります。

外に排気をするということで、設置工事の他にも、ファンヒータとしての値段も
かなりお高めになり、手軽に使うという点では使いにくいかもしれません。

・窓に断念シートを貼る

窓に断熱シートを貼ることによって、外気が窓に映ることをシャットダウンすることができます。

こちらはホームセンターでも気軽に買うことができて、
窓に貼るだけで簡単に結露を予防することができます。

外気をシャットダウンすることで、暖房器具の効率も上げることができるので、
検討してみてもいいかもしれません。

・石油ファンヒーターを使わない

根本的に石油ファンヒーターを使わないことで結露を防ぐことができます。

結露ができない暖房器具としては、エアコンや電気ストーブが有効です。

ご自宅の環境や考え方によって最適な暖房器具は変わります。

ぜひ自分にあった暖房器具を選ぶようにしてくださいね。

Advertisement

石油ファンヒーターと除湿機を併用してもいい?のまとめ

石油ファンヒーターと除湿機の併用についてはわかりいただけたでしょうか?

石油ファンヒーターと除湿機を併用することで、
石油ファンヒーターを使用する際に起きやすい結露を防ぐことができます。

結露はカビの原因になりやすいです。

結露を防ぐ方法は除湿機以外にも様々です。

ぜひ試してみてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
>>石油ファンヒーターは5リットルで何時間もつ?

生活家電カテゴリの最新記事